行事

令和元年10月26日、27日「妙円寺詣り」の際は、ぜひ妙円寺にもお詣りください

令和元年10月26日、27日に鹿児島県三大行事「妙円寺詣り」が開催されます。
現代の妙円寺詣りでは、徳重神社(旧妙円寺跡)へ参拝することが一般的に定着しておりますが、最近では歴史的・文化的な背景に詳しい方々を中心に、義弘公の菩提寺である妙円寺へ参拝される方も増えています。
当寺では廃仏毀釈の際に消失を免れた歴史的寺宝である「島津義弘公のご位牌」や島津義久、義弘、歳久、家久の島津四兄弟と関ヶ原の戦いで惜しくも戦死した豊久公のご位牌をご供養しております「戦国島津位牌堂」もご開帳しております。
妙円寺詣りの際はぜひ妙円寺にもお詣りください。

妙円寺にお詣りされる妙円寺詣り参加者の皆さん
当日は本堂にもお上がりいただき、お詣りください。
廃仏毀釈で消失を免れた歴史的寺宝、島津義弘公、大内義弘息女の法智妙圓霊位のご位牌もご開帳しています
戦国島津位牌堂もご開帳しております

島津義弘公四百回大遠忌を執り行いました

さる9月15日、法智山 妙円寺にて「島津義弘公四百回大遠忌」を執り行いました。
また同日、「戦国島津位牌」堂開眼式も執り行いました。
戦国島津位牌堂は、明治維新まで続く薩摩の活躍の源流を生み出した、島津義久、義弘、歳久、家久の島津四兄弟、そして関ヶ原の戦いで義弘公と共に戦い、惜しくも戦死した家久公の長男 島津豊久公を当寺でご供養するために建立したものです。
当日は鹿児島県の三田園知事や日置市の宮路市長をはじめ、大勢のご来賓にご参拝をいただき、無事に終えることができました。
御礼申し上げます。


カテゴリー