妙円寺住職御挨拶
サイトマップ
ご挨拶
由来
歴代住職
地図
妙円寺詣り
妙円寺通信
お問い合わせ
開山石屋禅師
廃仏毀釈
寺宝
関連記事
御祈祷・御供養
御守
リンク集
妙円寺納骨堂
   

 伊藤憲一(ケンイツ) 

         11才で得度。
         慶応義塾大学卒業後、
         長崎県の専門僧堂、晧台寺で修行の後、
         妙円寺第六十一世住職に就く。
 
 
 

妙円寺住職

妙円寺は福井の永平寺と、横浜鶴見の総持寺とを両本山とする曹洞宗の寺院で、鹿児島県伊集院町にあります。
今より約600年程前の、室町時代の高僧、石屋眞梁禅師により、時の長州太守大内義弘の息女の供養のために建立されました。
後に、島津家十七代当主、島津義弘公が石屋禅師の教えにいたく感銘し、自らの菩提寺と定めて更に栄え、その規模は最盛期には500石を誇りました。島津義弘公の曹洞宗への信仰は並々ならぬもので、明治二年迄は義弘公の仏像が置かれていました。

 妙円寺は元来、現在の徳重神社の場所にありましたが、神道派による仏教廃止(廃仏毀釈)に逢い、その全てを焼失してしまいます。「この時妙円寺は一週間燃え続けた」との記録がその建物の規模を物語っています。
その七年後、仏教禁止令が解け、現在の妙円寺の位置に復興いたします。その規模は600坪程に縮小されましたが、廃仏の際に信者が命懸けで運び出した島津義弘公の位牌は、現在でもこの妙円寺に安置されております。

義弘公の戒名は、 『妙円寺殿松齢自貞庵主』
鹿児島県三大行事で毎年盛大に行われる妙円寺詣りは、この妙円寺が発祥の寺です。
歴史ある現在の妙円寺を、多くの方々に知っていただきたいと思っております。
                                                       合   掌



TOP |サイトマップ御挨拶由来歴代住職地図妙円寺詣り|妙円寺通信メール
開山石屋禅師廃仏毀釈寺宝関連記事御祈祷・御供養御守
リンク集妙円寺納骨堂

 
 
Copyright(C)2008 Office Blue&Green